Q&A

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q&A

自分自身に聞き、自分自身に答えるQ&A + メモ(というか、ほぼメモ) 。

山本有二農水相の「冗談を言ったらクビになりそうになった」発言をどう思いますか?

Q.山本有二農水相の「冗談を言ったらクビになりそうになった」発言をどう思いますか?

 

A.フォローできないなぁと思いました。

 政治家の失言のパターンは「身内のパーティでのリップ・サービス」もしくは「不適切なジョーク」が典型ですが、先月の「強行採決」発言が下火にならない時に、同じようなミスをしました。

 こうなると「ああ、この人そういったことが分かってないんだなぁ」という印象を持ちます。本人からすれば「こんなことが失言になるの?」と思うかもしれませんが、それぐらい神経質になっても良かったと思います。立場が立場ですし。

 

 立場というのはTPPに関連した農水相という立場もそうですが、永田町に解散風が吹いている中での自民党所属議員としての立場、石破派の議員としての立場など、もう少し慎重になっても良かったと思います。

 ただ、この件について民進党を中心に野党が批判していますが、蓮舫代表が批判したニュースを見た時は「この人もどの立場で言っているんだろう」と思いました。なんかもう蓮舫さんもパワーないですね。

 蓮舫さんは二重国籍問題や党人事などで推進力がガッと落ちたように感じます。自民党の一部の議員は「(蓮舫さんが率いる)民進党こそが自民党最大の支持母体だ」とジョークをいう始末。これは、今の状態で蓮舫さんが代表をしていると自民党に有利に働くという意味になっています。

 

 「民進党こそが自民党最大の支持母体だ」というジョークがあるのならば、「山本有二農水相は、安倍政権と石破茂氏の足を引っ張る工作員」なんじゃないか?とよぎるくらい不用心でした。

 「冗談を言ったら~」発言の枕言葉が「森喜朗さんから電話で注意を受けました」ですからね。

 森喜朗さんは、総理時代に失言でマスコミを賑やかしました。それ以降、彼や彼関連の発言は、他の政治家や政治経験者よりオモシロとしてニュースで取り上げられることが非常に多いのです。

 わざわざ森喜朗さんの名前出して、食いつかせておいて不用心な発言するのは、やはりちょっと慎重さに欠けましたね。大臣を辞める必要はないとは思えますが、辞めてもしょうがなく、党内から辞任論が出てもフォローしづらいタイミングでの発言だと思います。