Q&A

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q&A

自分自身に聞き、自分自身に答えるQ&A + メモ(というか、ほぼメモ) 。

「無頼伝 涯 1巻(福本伸行)」の感想&レビュー&この本について

本(ブック)

Q.「無頼伝 涯 1巻(福本伸行)」の感想&レビュー&この本について。

 

A.以下のとおりです。

 

再読(2017年1月31日)

 過去に読んだものを再読。福本伸行作品。殺人の容疑をかけられた主人公・工藤涯は警察に追い詰められた後、説得により投稿。説得した刑事はうだつの上がらない生活を送っている。少年犯罪における検察と家裁の仕事内容を解説している個所がある。

 

この本について

  • 福本伸行作品。
  • 主人公は「工藤涯」。裏主人公は「安部守宏」。
  • 冤罪をかけられた「工藤涯」が無実を証明するストーリー。
  • 1巻は、ほぼプロローグといっても良い構成。

 

この本を購入する

無頼伝 涯 1

無頼伝 涯 1