Q&A

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q&A

自分自身に聞き、自分自身に答えるQ&A + メモ(というか、ほぼメモ) 。

モンテディオ山形の2016シーズンについて、どう思いますか?

スポーツ

Q.モンテディオ山形の2016シーズンについて、どう思いますか?

 

A.シーズン通してみると、やはり良くなかったですね。

 シーズン前の人事のゴタゴタがあり、スタートダッシュに失敗し、後半戦も仕切り直しに失敗。一時はJ3降格も見えてきましたが、なんとかJ2に残留を決めました。

 コアサポーターの怒りはフロントに向けられ、森谷社長にはブーイングが飛ぶという状況。ディエゴ・ローザや大黒将志を獲得も、なかなか攻撃が機能せず、アディショナルタイム付近に失点を繰り返すパターンが続きました。

 それでも、北九州との最終節は気持ちの良い勝ち方で、もっと早くこうなればなぁとは思いつつも、一年間おつかれさまでしたという気分です。

 モンテディオは、序盤から主力にケガが相次ぎ、その都度、サブメンバーが台頭しました。ただ、活躍するとケガをする、活躍すると調子を崩すなど、シーズントータルで活躍した選手はなかなかいませんでした。ところどころならば、荒堀謙次汰木康也佐藤優平などが躍動していました。宇佐美や山田もところどころに輝きがあり、永藤は印象に残るプレイを残し、大黒はやっぱりすごいと思え、アルセウはなんか怖くて、松岡はムードメーカーでした。

 来季はどの選手が去り、どの選手が残るのかは分かりませんが、期待したいと思います。また、横断幕などで社長にブーイングが目立ちますが、そろそろ社長が可哀想に思えてきました。もちろん、サポの気持ちも分かりますが、あれをやっても何の解決にもなりません。

 県知事選は無投票再選の公算が大きくなってきました。願わくば、株主が良い判断をすることを望みます。